青少年のための小説入門・王様のブランチで紹介スペシャルムービーも?

こんにちは!
以前王様のブランチで紹介された『青少年のための小説入門』が話題になっています。今回はこの本について知らべてみました。

あらすじ

著:久保寺健彦/集英社/文芸

電子書籍(ebookjapan)定価 1650円(税別)
単行本(amazon) 1782円(税込) 電子書籍(kindle) 定価1782円(税込)
電子書籍(honto) 定価1782円(税込) 単行本(honto) 定価1782円(税込)

小説家となった入江一真のもとに、一枚の葉書が届く。とぎれとぎれの汚い字で「インチキじゃなかったぜ」とだけ書かれたその手紙は、もう20年ほど会っていない「元相棒」から送られてきたものだった――。いじめられっ子だった中学時代の一真は、万引きを強要された現場でヤンキーの田口登と出会った。登は一真の境遇を聞くと、いじめをやめさせる代わりに、一真に「小説の朗読をしてくれないか」、と意外な提案を持ち掛ける。登はディスレクシアで文字の読み書きができない。しかし一度聞いた物語は一言一句忘れない特技があり、頭の中に湧き出すストーリーを生かして作家になることを目指していた。はじめはイヤイヤながら朗読のために通っていた一真だったが、名作小説をふたりで一緒に読むうち、いつしか「面白い小説を作る」という目標に向かって、興奮と共にぐんぐんのめりこみはじめる。しかし次々に難題が表れて……。落ちこぼれヤンキーといじめられっ子中学生が、小説界に殴り込み!? 小説家を目指すデコボココンビの奮闘を描く、渾身の青春長編小説。 (作品紹介より)

『みなさん、さようなら』などを書かれた久保寺健彦の書きおろし小説です。
表紙を『バクマン』の 小畑健さんが書かれています。
なんだか『バクマン』の小説版のようなイメージを抱きますね。

ディスレクシア(dyslexia) とは

学習障害の一種で、知的能力及び一般的な理解能力などに特に異常がないにもかかわらず、文字の読み書き学習に著しい困難を抱える障害。失読症難読症識字障害(特異的)読字障害読み書き障害、とも訳されます。
ディスレクシアの有名人としてはキアヌ・リーブスやトム・クルーズ、オーランド・ブルームがいます。

スペシャルムービーの声優さんは?

主役の二人を、大人気声優の小西克幸さんと代永翼さんが演じています。
短いムービーですが、彼らのイメージがよく伝わってきます。(読む前からキャラクター像が固定されるのが苦手な人は見ない方がいいのかな;)

最後に

彼らがどんな小説をどう語るのか気になるので読んでみたくなりました。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク
レンタングル(大)
レンタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)