三浦雄一郎高齢登山家の家族や登山歴は?気になるトレーニング法も

アコンカグアの登頂に挑戦した三浦雄一郎さんが、登頂を断念して帰国しました。

高齢の登山家として有名な三浦さんですが、どんな人なんでしょうか。

何冊か本をだされているようなので、それも含めて調べてみました。

プロフィールや経歴

経歴をチェックしてみましたが、本当に紆余曲折でまとめきらないです。

NHKとかでドラマにできる気がします。

三浦 雄一郎(みうら ゆういちろう)

生年月日:1932年(昭和7年)10月12日 

出身地:青森県青森市

経歴:
旧制黒沢尻中学校(現・岩手県立黒沢尻北高等学校)
旧制青森中学校(転校4回)
青森県立弘前高等学校
北海道大学 (獣医学部 )

( 在学中に学長秘書、かつアルペンスキーの女子選手だった妻・朋子と同棲ののち結婚)

北大獣医学部に助手として勤務 、26歳で辞任

全日本スキー選手権青森県予選 で優勝するも、全日本選手権への出場人数で青森スキー連盟ともめてアマチュア選手資格剥奪

その後、北アルプスの立山で歩荷として働く

1963年秋:猪苗代のエバニュースキー学校設立(現・三浦雄一郎スノードルフィンスキースクール

1962年:アメリカ合衆国世界プロスキー選手権に参加 。世界ランク8位。

1964年7月:イタリアで開催されたキロメーターランセに日本人で初めて参加、時速172.084キロの当時世界新記録を樹立 。

1966年4月:富士山での直滑降を成功させる

1970年5月:エベレストのサウスコル8000m地点からの滑降(ギネスブックに掲載)を成功。 『The Man Who Skied Down Everest』(「エベレストを滑った男」)というタイトルでドキュメンタリー映画化され、アカデミー賞記録映画部門で賞を獲得 。

1985年:南アメリカ大陸最高峰アコンカグア(頂上ではない)からの滑降を成功させたことにより、世界七大陸最高峰全峰からの滑降を成功させた(この時54歳)

2003年5月22日:不摂生により体調を崩すも厳しいトレーニングにより世界最高峰のエベレストに世界最高齢(ギネスブックに掲載)となる70歳7か月での登頂を果たす。同時に二男・豪太との日本人初の親子同時登頂も達成。

2008年5月26日:75歳でエベレストに再登頂

2009年2月:札幌市内のスキー場でコース内に作成されたバンクから飛び出し骨盤を骨折。

2010年:オーストリア・アルベルト・シュバイツァー協会よりアルベルト・シュバイツァー章を受章。

2013年5月23日:3度目のエベレスト登頂に成功したが、体調を崩し、ベースキャンプまではヘリコプターで下山。

2018年:第1回ネパール社会貢献者表彰を贈られる。

2019年1月:86歳でアコンカグア登頂を目指す。ベースキャンプから5580mまでヘリコプターで飛び、6000mまで酸素ボンベを使って登るが[、体調不良により断念しヘリコプターで下山。


子どものころは病弱で幼稚園を退学するほどだったそうです。4~5年生のころには結核にかかって1年の大半を学校に通えなかったことも。

今の姿からは想像ができないですね。

やはり、スキーで体が鍛えられたんでしょうか。

若いころのスキーの記録も素晴らしいですが、高齢になってからの登山記録は驚異的です。

家族

ご家族もスキーの選手や登山家として素晴らしい記録をのこされています。

  • 父:三浦敬三。山岳スキーヤー。 山岳カメラマンとしても活躍。70歳の時にヒマラヤ、77歳でキリマンジャロを滑降 。 99歳でモンブラン山系のヴァレブランシュ氷河からのスキー滑降を成し遂げ 、100歳では、アメリカのスノーバードで、親子孫曾孫の4世代での滑降を行い話題を呼ぶ 。
  • 「混浴を守る会」の会長を務めていたりもします。
  • 長男:三浦雄大。競技スキーヤー。
  • 二男:三浦豪太。 フリースタイルスキー・モーグル選手 (リレハンメルオリンピック・長野オリンピック出場)。雄一郎70歳でのエベレスト登頂もいっしょに行う。
  • 長女:三浦恵美里。クラーク記念国際高等学校・横浜青葉キャンパス校長、ミウラ・ドルフィンズ代表取締役も兼務。

登山やスキーは父親の影響が強いのですね。

特にお父さんの敬三さんが100歳でも山に登ってスキーの記録を作っていたのはおどろきです。

雄一郎さんも100歳まで山に登るつもりなんでしょうね。



高血圧、高血糖&不整脈の私でも、エベレストに登れた健康法 (magazinehouse pocket)
◆Amazon ◆ebookjapan◆

食生活やトレーニング法

2018年のNHKの番組では、「攻めの健康法」としてトレーニングなどの話をされています。

まずウォーキングなのですが、これが片足4キロ(計8キロ)、背中に10~15キロの重りを付けて散歩をする「ヘビーウォーキング」

最初はさすがに少ない重りを付けて始めたそうですが、ふつうのひとなら歩くのも一苦労ですよね。

私なら歩ける気がしません。

これで見事にメタボを脱出したそうですから、少なくとも負荷をかけたウォーキングというのは筋肉をつけるのにはぴったりなんでしょう。

(NHK健康CHより)

そして食事は週に鯖缶を4~5回は食べているそう。

これに卵、納豆、キムチを混ぜて食べるそうです。

ほぼ毎日食べれるというのは、味はそんなにまずくないということなんでしょうか。

たしかに、たんぱく質や発酵食品をとることができてバランスはとれているような気がします。

(梅沢富美男のズバッと聞きます!(2018年11月14日)より) 

しかし、どちらもふつうのひとなら飽きたりしんどかったりで続かないですよね。

エベレストに上るようなひとは、目標に向かって計画を持続させる力がすごいんでしょうね。

まとめ

今回は途中断念して下山してしまった三浦さんですが、またトレーニングをつんで挑戦するのでしょうか。

90歳にはロシアの他の山に登る計画をたてているようです。

家族だったらと思うとちょっとたまったものではないですが、また新しい記録を作っていくんでしょうね。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク
レンタングル(大)
レンタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)