「よるくま」(酒井駒子)子供に読みきかせたい絵本・あらすじ紹介

くまの子とパジャマ姿の少年が印象的な表紙の絵本「よるくま」

かわいらしい絵と子供たちのお話に、ほっこりとした気持ちになります。

こどもに読んでもらいたい定番の絵本なので、紹介します。

よるくま あらすじ

作:酒井駒子 出版:偕成社

うんと夜中にやってきたくまの子、よるくまと、くまのお母さんを探しに行った男の子。

あちこち探したけど見つからない、くまのお家も行ってみたけどお母さんはいない。

ついによるくまが泣き出しちゃった、その時、流れ星が…。

(「MARC」データベースより)

おかあさんはどこ?

我が家で子どもが小さなころによく読み聞かせた絵本のうちの1冊です。

改めてあらすじを紹介しますね。

ベッドに入った男の子がおかあさんにくまの子が来たと話をしてくれます。

しょんぼりと玄関に立つクマの子をだっこする男の子。

よるくまという名前のくまの子は、目がさめたらおかあさんがいなかったと話します。

そこで男の子とくまのこは、くまのこのおかあさんを探しに手をつないで外へ。

買い物でもなく、公園にもいないくまのこのおかあさん。

くまのこのおうちへいっても、どこにもいません。

くまのこは心細くなってとうとう泣き出してしまいます。

くまのこのなみだは夜見たいに真っ黒で、とうとうまわりは涙でまっくらになってしまいました。

たすけを求める男の子とくまのこのもとに一筋の流れ星がふってきました。

その流れ星につかまると、流れ星を餌につりをしていたくまのこのおかあさんに釣り上げられました。

おかあさんはさかなを釣るお仕事をしていたのです。

よるくまといっしょにベッドにはいると、くまのおかあさんがやさしくかたりかけます。

いつのまにか男の子はぐっすりと眠っていました。

夜空と月や星の明かりを思い起こさせる、濃い青と黄色がとてもきれいな絵本です。

男の子のところに現れるちいさな黒いくま、よるくまは一人で眠る男の子の不安やさみしさを表しているのでしょうか。

男の子とよるくまがふたりでおかあさんを探す様子は、かわいらしいけれど切なくなります。

二人の様子は大人になってもふと子供のころ、一人で眠っていた時に感じる不安感を思い出します。

以前、子供が怖いといっていたシーンはやはりこのページで、よるくまの涙で画面が真っ暗になると子供もよるくまたちといっしょに不安になっているのでしょう。

心細さに耐えられず泣き出すよるくまが流れ星に助けられてお母さんに再会する様子は、あたたかくてほっとします。

よるくまのおかあさんがよるくまたちを釣り上げるシーンや、よるくまたちを抱きかかえて家路をいそぐシーンはイラストとしてもかわいらしくてきれいです。

そのあとのおかあさんくまの語りかけは、男の子のお母さんの語りかけと重なっているのでしょう。

子供たちを温かくだきしめながらなだめる優しいおかあさんの様子が思い浮かびます。

子どもに何度も読み聞かせるようにせがまれた本ですが、大人が読んでも惹かれるところのある本です。

作者:酒井駒子 出版社: 偕成社 発売日: 1999/11/1

続編 よるくま クリスマスのまえのよる

あしたはたのしいクリスマス。

「わるい子にはサンタさん来ないのかしら?」

昼間おかあさんに叱られて、もしかするとプレゼントがもらえないかもしれないと心配で眠れない男の子。

すると、その夜よるくまがおとこのこの元に遊びに来ます。

クリスマスを知らないよるくまですが、心配でたまらない男の子にそんなことないよ、とそっと抱きしめます。

優しく寄り添う二人は、どんなイブの夜をすごすのでしょうか。

よるくまの続編の絵本です。

よるくまを気に入った人なら、気に入ると思いますよ。

『月刊MOE』掲載を単行本化。

作者:坂本駒子 出版社: 白泉社 発売日: 2000/10/01

よるくま シュタイフテディベア

「よるくま」「よるくま クリスマスのまえのよる」の作者酒井駒子さん監修の下、ドイツ シュタイフ社により1体1体手作りで制作された特別なテディベアです。

くりくりとした目も絵本の中のよるくまそのままでかわいらしいです。

Yahooの公式支店で購入できます。

2019年7月13日(土)~9月23日(月・祝)まで、 新潟県立万代島美術館の「人気絵本のひみつ」展で展示されるようですね。

◇新潟県立万代島美術館 新潟市中央区万代島5-1 万代島ビル5階 025-290-6655

酒井 駒子さん

酒井 駒子(さかい こまこ、1966年 - )さんは、兵庫生まれの絵本作家で、 数々の賞を受賞しています。

  • 『ゆきがやんだら』(学研)銀の石筆賞(オランダ)
  • 『きつねのかみさま』(ポプラ社・作:あまんきみこ)日本絵本賞
  • 『金曜日の砂糖ちゃん』(偕成社)ブラティスラヴァ世界絵本原画展金牌賞
  • 『ぼく おかあさんのこと...』(文溪堂)PITCHOU賞(フランス)

絵本は『よるくま』のほかにも『ロンパーちゃんとふうせん』(白泉社)など多数 。
また、『アルジャーノンに花束を(愛蔵版)』の装丁イラストを担当しています。

どこか憂いをおびた少女を描かれる方で、その作風は海外でも高い評価を受けていて海外から絵本のイラストのオファーも頻繁にきているそうです。

まとめ

うちの子も、もう読み聞かせとかそういう年齢ではないのですが気に入ってずっととってある絵本です。

読むたびに子供が小さいころを思い出します。

ぜひ、読み聞かせてあげてください。

スポンサーリンク
レンタングル(大)
レンタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)