サムライ8八丸伝ネタバレ感第7話「出会い」

サムライ8 八丸伝 ジャンプ28号(6月17日発売)のあらすじと感想です。

登場人物

八丸

主人公の少年。

体が弱く生命維持装置がないと3分で死ぬ体だった。

侍になって克服した様子。

達磨のもとで修業を始める。

アン

ロッカーボールを見つけ出し星を守る戦力を作り出すことのできる『姫』

そばかすでたどたどしいしゃべりの少女。

八丸のロッカーボールの持ち主。

親父

八丸の父親。

八丸が生きていけるように身の回りの世話をする。

侍についても詳しい様子。

なにかから逃げてきた?

早太郎

八丸のホルダー。

犬(?)型のペットのようなもの。鳴き声はニャン。空も飛べる。

鳴き声はニャン。空も飛べる。

達磨

猫型の機械に入っている元は人で、侍。

八丸に師匠と呼ばれる。

サ姫・ムジン

姫たちのトップらしい姫と、その侍。

ウーン姫

城に住む姫の一人。

黒狼の葉牙道

ウーン姫の侍。

アンを連れて八丸のもとへやってくる。

前回までのあらすじ

ついに、訓練スタート!

達磨との修行の中で侍について説明を受ける八丸。

侍には相棒となる〝キーホルダー〟と〝姫〟の存在が不可欠だという「三位一体」の心得を教えられます。

キーホルダー早太郎と侍を繋げる鎖となるのは、前回手に入れた柄骨。

そして、それよりも大切な繋がりが姫との繋がりです。

姫がいることで、侍は強くなるのではなく、守るべきものがあって初めて「強くあろうとする」それが侍の「勇」であると。

強くなる為には、「誰のために強くあるか」が必要であると師匠から説法れます。

しかし、八丸は姫に全く心当たりがありません。

一方、ロッカーボールを漬物石にしてなくしてしまい叱られる1人の少女がいました。

彼女の名前はアン。

姫というのは、星のどこかから侍を生み出すロッカーボールを見つける力を持つ女性のことを言います。

その姫には、1人の運命の侍が必ず現れると言われています。

ロッカーボールを失くした少女アンと謎のロッカーボールによって侍となった八丸。

2人は互いのことを知りません…。

そのころ、修行に入る八丸は、柄骨に侍魂を乗せますが、まともに刀身を作ることも出来ませんでした。

侍の修行は続きます。

7話 出会い

修業を始めた八丸と達磨。

八丸は猫師匠から運命の二人について説明をされるが、説明アレルギーなどと言ってまともに話を聞こうとしません。

そのころ…

「これをただの鈍で斬ったそうだ」

ある場所で、八丸が斬った戦車が調べられています。

彼の名前はハチガミ、金剛夜叉流の侍です。

ハチガミは自身の姫であるウーン姫のもとを訪れ、姫と侍を管理するサ姫に八丸のことを尋ねるように頼みます。

そこでウーン姫とハチガミは、アンが失くしたロッカーボールに選ばれた少年が八丸だということを知らされます。

侍と姫は強い引力を持ち互いに引き合っています。

ハチガミはアンを連れて、八丸を探すことにしました。

一方の八丸は修行中です。

未だに剣を作ることも鎧を纏うことも出来ない八丸。

師匠から物事を焦るのを止めろといのも聞かずに、結局、全身達磨のようになってしまいました。

そこに訪れたハチガミとアン。

「お前が…オレの…運命の姫!」

アンは、自己紹介をしようとするが、八丸のせっかちな性格のせいでうまく自己紹介できません。

そのころ別の場所では…。

「八人目の子…やっと見つけたわ」

謎の女と侍が話をしています。

「バラして持ち帰ってもかまわんな…」

謎の二人が八丸を狙っているようです。

まとめ

ついに八丸とアンが出会い、敵が登場しました。

八丸とアンは、性格がどう見ても会わなそうですね。

その結果、終わりに出てきた姫と侍との戦いにおいて、最初はうまくいかないのではないかと思います。

また、八人目の子ということで、八丸は特別な何かがあることを匂わせてきました。

本格的に敵が現れるのは初めてなのでどのような戦いになるのか楽しみです。

八という数字がキーワードになっているようですね。

侍のほうは、以前お父さんが思い出していた男なのかも?

ただ、ここまできても、展開が平凡で盛り上がりがありません。

場所や人物を明確に描いてもらいたいです。

岸本先生の作品なので面白くなることを期待しています。

サムライ8 八丸伝ジャンプ31号(7月1日発売) のあらすじと感想です。 登場人物 八丸 主人公の少年。...
サムライ8 八丸伝 ジャンプ28号(6月17日発売)のあらすじと感想です。 登場人物 八丸 主人公の少年...
スポンサーリンク
レンタングル(大)
レンタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)