サムライ8八丸伝ネタバレ感想第9話「ふたりで・・・」

サムライ8 八丸伝ジャンプ32号(7月8日発売) のあらすじと感想です。

登場人物

八丸

主人公の少年。

体が弱く生命維持装置がないと3分で死ぬ体だったが侍になって克服した様子。

達磨のもとで修業を始める。

せっかち。

アン

ロッカーボールを見つけ出し星を守る戦力を作り出すことのできる『姫』

そばかすでたどたどしいしゃべりの少女。

八丸のロッカーボールの持ち主。

親父

八丸の父親。

八丸が生きていけるように身の回りの世話をする。

侍についても詳しい様子。

なにかから逃げてきた?

早太郎

八丸のホルダー。

犬(?)型のペットのようなもの。鳴き声はニャン。空も飛べる。

鳴き声はニャン。空も飛べる。

達磨

猫型の機械に入っている元は人で、侍。

八丸に師匠と呼ばれる。

サ姫・ムジン

姫たちのトップらしい姫と、その侍。

ウーン姫

城に住む姫の一人。

黒狼の葉牙道

ウーン姫の侍。

アンを連れて八丸のもとへやってくる。

前回のあらすじ

アンと八丸の運命の二人が出会いましたが、八丸の自分勝手な言動により、なかなかうまくいきません。

女性の気持ちを全く理解しない言動の八丸には、アンはなかなか心を開けません。

しかし、ウーン姫のアドバイスからアンは、八丸に優しくしようと手料理を披露しました。

見た目はドブのような見た目でしたが、とても美味しく、八丸はおかわりをお願いするが断られたりとそれでもなかなかうまく行きません。

しかし、達磨の助言アンの名前の由来よから、アとンの間には、多くの文字があり簡単には繋がらない。

故にゆっくりと理解していく必要があるという言葉により、より少しずつ良い方向に向かっていました。

そんな中、邪悪な侍が八丸に迫っていました。

第9話 ふたりで・・・

侍魂を刀に変え、以前は切れなかった石像も切れるようになった八丸。

「あのドブくわされてから調子いいよ」

アンに最低な発言をすると、それを聞いたアンは城へ帰ろうとします。

しかし、ロッカーボールを探すには侍といることで鍛えられるとのウーン姫の言葉を思い出し、八丸に近づいた。

仲良くしようとしてくれるのかと勘違いした八丸は、アンに話しかけようとしますが、

「邪魔しないで」

とピシャリと言われてしまいます。

アンが目を閉じて集中すると、八丸のおかげなのか今までよりも多くのロッカーボールを検知できました。

「これが運命の力・・・。」

近くにロッカーボールを検知したアン。

達磨より、二人で探すよう提案されます。

不安を口にする八丸に達磨は、

「どれだけ嫌われようとも姫を守るのが侍だ」

と諭され、父親の言葉と重なった八丸は、一緒に行くことを承諾しました。

そして二人でロッカーボールを見つけ、早太郎と八丸で掘りすことができました。

上手くいったことを喜ぶアンは、八丸が武士の家計で昔から強かったのだと勘違いします。

それを否定できずに昔から活発で道場の仲間から神童と呼ばれていたとまでうそをついてしまいます。

それを聞いてアンは才能のある八丸が自分をひっぱっていってくれそうだと喜びます。

楽しくアイスを一緒に食べたり、たこ焼きを食べたりしながら帰路に着きますが、八丸はなんだか気まずいままです。

その時、月のような惑星に、邪悪な侍のアタが到着。

「待っていろ――― 八角!!」

まとめ

てっきり、修行を二人でしつつある程度形になった状態でアタとの衝突になるかと思っていましたが、まさか、二人でロッカーボールを探しに行っている状態でアタと出会うとは思いませんでした。(正確には、まだ出会っていませんが)

次回は、八丸が手も足も出ずやられ、アンもある程度怪我を負うと思います。
しかし、八丸が姫を守りたいという一心からすごい力を出してくれるというジャンプらしい戦闘が見れるのではないかと思います。

登場人物 八丸 主人公の少年。体が弱く生命維持装置がないと3分で死ぬ体だったが侍になって克服した様子。達磨のもとで修業を始める...
サムライ8 八丸伝ジャンプ31号(7月1日発売) のあらすじと感想です。 登場人物 八丸 主人公の少年。...
スポンサーリンク
レンタングル(大)
レンタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)