サムライ8八丸伝ネタバレ感想第10話 ターゲット補足

登場人物

八丸

主人公の少年。

体が弱く生命維持装置がないと3分で死ぬ体だったが侍になって克服した様子。

達磨のもとで修業を始める。

せっかち。

アン

ロッカーボールを見つけ出し星を守る戦力を作り出すことのできる『姫』

そばかすでたどたどしいしゃべりの少女。

八丸のロッカーボールの持ち主。

親父

八丸の父親。

八丸が生きていけるように身の回りの世話をする。

侍についても詳しい様子。

なにかから逃げてきた?

早太郎

八丸のホルダー。

犬(?)型のペットのようなもの。鳴き声はニャン。空も飛べる。

鳴き声はニャン。空も飛べる。

達磨

猫型の機械に入っている元は人で、侍。

八丸に師匠と呼ばれる。

サ姫・ムジン

姫たちのトップらしい姫と、その侍。

ウーン姫

城に住む姫の一人。

黒狼の葉牙道

ウーン姫の侍。

アンを連れて八丸のもとへやってくる。

前回のあらすじ

刀を形にし、修行を進める八丸。

しかし、姫の気持ちを考えて行動出来ない八丸は、アンとは未だに仲良くなれません。

それでもウーン姫からの言いつけを守り、アンは八丸の近くにいるのでした。

そんな中、姫の仕事であるロッカーボールをアンが見つけたことで、八丸とアンは2人でロッカーボールの捜索に行くことになります。

侍の近くにいることで、アンのロッカーボール探査能力は格段に上がっているのです。

いっしょに行くことに不安がっていた八丸でしたが、ロッカーボールを見つけ出した二人。

二人で過ごすことで、少しずつ距離の縮まりますが、八丸は自分が生まれた時に虚弱であり、最近侍となったことに関してはアンに言い出せずに嘘をついてしまいます。

その頃、アタは八丸のいる星の上空まで迫ってきています。

無雲と呼ばれる巨大衛星を動かし、八丸を回収した後には無雲を星に当てて星を破壊しようと考えているのです。

第10話 ターゲット補足  あらすじ

「金剛夜叉流 黙斬り!」

アタは上空の巨大衛星を突き抜けます。

すると、アタの前には巨大な鳥のホルダーが現われます。

そのホルダーの中から現われたのは無尽という、星一番の侍でした。

「横綱級キーホルダー迦楼羅天…そうか不死身の無尽だったか」

アタは無尽を知っているようです。

その頃、達磨は懐かしい気配を感じていました。

昔手合わせしたことのある、無尽の気配を感じていたのです。

勝負は一瞬で決しました。

「我を、みはなさないで。。。くれ!!」

と言うが、アタはムジンを切り刻み、姫もすでに事切れていました。

「この程度で守護神とは笑わせる」

別の場所では八丸の父が機械を探知し、八丸の元へと向かっています。

「帰りましたー」

八丸は達磨たちの元へと帰ってきます。

「八丸っ!」

八丸とアンは達磨の元に到着。

そこに八丸の父が現われ、八丸を連れ戻そうとします。

「さぁ帰るぞ」

「八丸っ!」

「父ちゃん」

父親が八丸を見つけ達磨を攻めるが、八丸が自分の意志であると告げると

「お前は、守られる側の人間だ!今すぐ帰るぞ!」

と言われ

「オレはもうガリガリのつまようじじゃない!病弱で動けない臆病なオレじゃない!」

と反論した為、アンに嘘がバレてしまいました。

父が八丸の手を引きかけた時……達磨が刀を出して不意打ちしてきたアタの斬激を受け止めます。

「ア…ア…アタ!!」

アタを見て驚く八丸の父。

「久しぶりだなフルタ博士、八角はどこだ」

まとめ

ついに、八丸とアタが出会いました。

まさか、強そうで最後まで残りそうだったムジンがアタに一瞬でやられるとは全く想像していませんでした。アタはかなりの強敵のようです。

八丸のいる星で最も強く、人間時代に千人斬りと呼ばれた達磨が見込みがあった認める不死身の無尽という侍も簡単に倒してしまいました。

(不死身の無尽とは簡単に負けるサブキャラにつけるには大それた名前のように思いますが)

アタと八丸の父親が顔見知りだといこうとはなんとなく想像通りでしたが、八丸とアタの戦闘のときに出てくるとは予想していませんでした。

機械の体をもっている八丸の父も、なにか秘密を抱えている事に間違いありません。

それと、八丸がアンに対して付いていた嘘の発覚があまりにも早かったので驚きました。

この後、きっと父親とのやり取りがなにかしらあると思っています。
なんとなくですが、父親が死ぬかかなりの重体を負うのではないかと心配しています。

伏線が張り巡らされて、速い展開で話が進み始めました。

これから面白くなってきそうです。

サムライ8 八丸伝ジャンプ32号(7月8日発売) のあらすじと感想です。 登場人物 八丸 主人公の少年。体...
スポンサーリンク
レンタングル(大)
レンタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)