【audiobook.jp聞き放題】「部屋は自分の心を映す鏡でした。」感想

掃除の本といえばこんまりさんの「片づけの魔法」も有名ですが、今回は空間心理カウンセラーの伊藤勇司さんの本を聴いてみました。

部屋の状態と人の心の関係が面白い本です。

どこが片付いていないかでその人の悩みがわかってくるというのはなんだか不思議ですが、理由を知ると納得してしまいます。

そして、掃除しなくちゃ!という気分にさせてくれます。

ふつうに購入することもできますが、audiobook.jpの聞き放題で聞くことができます。

日本最大級!オーディオブックなら - audiobook.jp

部屋は自分の心を映す鏡でした。

著者:伊藤勇司/ナレーター:高岡千紘

作品紹介

「自分の心の悩みを片づけなくては、部屋は一生片づかない! 」

空間心理カウンセラーとして6000人以上の部屋の悩みを聞き、
その部屋に映し出された心の問題の解決をサポートしてきた著者が贈る、
新しい片づけ本が登場!片づけられない真の理由である「心のクセ」を解き明かし、
今度こそ片づけられる人になる、リバウンドしない片付け指南の決定版です。

なぜ物を捨てられないのか?
なぜいつまでたっても部屋を片づけられないのか?
なぜリバウンドしてしまうのか?

もしかしたらその理由は、あなたの心のクセにあるかもしれません。

本書は、片づけられない理由(心のクセ)を解き明かし、
それに合わせた片づけの方法をレクチャーする1冊です。著者によれば、部屋は自分を映す空間。

そして片づけとは、自分を知る作業です。部屋を片づけ、整えていくことは、自分を磨いていくことにもつながります。

年末の大掃除や、なんとなく気持ちを切り替えたいときに。

そして普段の生活をもっと充実させたいときに、大いに役立つ一冊です。ぜひ、人生を好転させる片づけを実践してみてください!

この本の中では片づけの手順を

  1. 捨てる 自分にとって不要なものを断ち切る
    迷いやブレがなくなる大切にしようと思ってみる
    無理>捨てる
    大事>とっとく
  2. 磨く ないものを求める思考が減る
    外側へ向かって注意力散漫な心を引き戻す
  3. 循環させる
    ネガティブな思考だと停滞する部屋を循環させるくせをつける

と、3つの段階で行っています。
こんまりさんの「ときめき」とはまた少し違った方向でのものの選び方です。
そして、最後の循環させるというフェーズも面白いです。
人も少しずつ変わっていくのにあわせて、部屋も変わっていくということでしょうか。

いっぺんにやらなくても、少しづつやっていけばいいというのも、片づけが苦手な人はほっとするのでは。

オーディオブック

作者: ナレータ^: 出版社: 発売日:

書籍

audiobook.jpの聞き放題で聴こう!

「部屋は自分の心を映す鏡でした。」は、audiobook.jpで配信されていて、通常の購入方法でも聞くことはできるのですが、聞き放題対象作品なので聞き放題に登録していればすぐに聞くことができます。

ふつうに購入すると1296円なのですが、聞き放題サービスは750円で登録できるので、半額近くの金額で聞くことができます

聴き放題では他にもたくさんの作品を聴くことができるので、ずっと手元においておきたいということがなければこちらのサービスで聞くのがいいと思います。

感想

私は最初に聞いたときには、通勤時間に聞いて二日くらいで聞き終わることができました。

再生時間は約3時間半とそんなに長くはないですし、ナレーターの高岡さんの声も聴きやすく1.5倍くらいのスピードで聞いてもそんなに違和感はなかったです。

スキマ時間に軽く聴いて、片づけのモチベーションを上げるのにとてもいい本です。

こんにちは!「なかなか時間がなくて本が読めない!」「本を長時間読むのは目につらい」 そんな人におすすめなのが音楽のように本の朗読を聞...
スポンサーリンク
レンタングル(大)
レンタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)