Dr.STONE(ドクターストーン)132話「最強の武器は」 ネタバレ・感想 

ジャンプ2号でのDr.STONEのネタバレです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2L.jpg

Dr.Stone 作者名 :稲垣理一郎 / Boichi

Z=132  最強の武器は

海上からイバラの左手に命中させた陽の一撃。

落ちた石化装置をすかさずゲットし、早速モズを石化させようとしますが、陽には使い方がわかりません。

その頃氷月は、モズを前に息を切らし苦戦していました。

モズいわく、氷月の槍さばきは努力型。天才のモズには敵わないのだと言います。

氷月は海に落ちますが、水中にかわしたと見なしたモズは間髪入れず追撃。

必死に逃げる氷月をバカにして煽ります。

しかし実のところ氷月は、千空たちが氷月の最強の武器を必ず作りあげてくれると信じて、時間を稼いでいるのでした。

千空たちを当然のように信じている自分に気づき、氷月はまたも微笑みます。

千空たちから、潤滑油を塗った竹筒を受け取った氷月。

「見せてあげますよモズ君 科学の槍を 500年の歴史を受け継ぐ尾張貫流槍術を―」と、管槍でモズを圧倒!

太陽の光と見間違う程の回転をする金色の槍が、モズの身体に直撃しダメージを負わせます。

氷月は地道に重ねた悠久の研鑽という「最強の武器」を示しました。

ところがここで陽の元にイバラが落下し、何かを唱えて石化装置を作動させるのでした…!

まとめ

始終すべての人間を見下していたモズに、ようやく一泡吹かせられましたね!

かつて敵同士であった千空たちとのコンビネーションもバッチリです。

司帝国と戦っていた頃は、氷月がここまで頼もしくカッコいいキャラになるとは思わず、読んでいて非常にアツく心がたぎる回でした。

管槍に変わった途端に圧倒的な勝利をモズから収めますが、過去の回想シーンを見ると幼少のころから槍術に打ち込んで練習をしていたことが分かります。

それを研鑽という表現を使っていましたが、司帝国時代には部下を平気で見捨てるキャラには似つかわしい気もしました。

ここでイバラが石化装置を作動してしまいましたが、彼は当然ながら、千空たちに石化を解除する術があることを承知のはず。

それにイバラが捨て身の反撃に出るとは到底思えませんが、一体どんな策があるのでしょうか?

モズを倒せたとしても、まだまだ波乱が続きそうですね。

原作:稲垣理一郎 作画:Boichi 出版社: 集英社 発売日: 2017/7/4
ジャンプ3号でのDr.STONEのネタバレです。 アニメも二期が決定して先がとても楽しみですね。 Dr.Stone ...
ジャンプ1号でのDr.STONEのネタバレです。1週お休みのあとの第一話です。イバラの悪事がとうとうキリサメにも知れたようですが……。 ...
スポンサーリンク
レンタングル(大)
レンタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)