『駐在刑事』の原作小説を紹介!寺島進が奥多摩の“駐在さん”に?

こんにちは!
今回は10月19日から放送の駐在刑事について調べてみました。
寺島進さんが演じる駐在さんは原作ではどんな人物なんでしょうか。

ドラマ情報


動画は2017年10月13日(金)に放送されたスペシャルドラマ版です。

あらすじ

捜査一課を出された刑事が挑む警察捜査小説。警視庁捜査一課から青梅警察署水根駐在所長に。取り調べ中の容疑者の自殺で左遷された江波敦史警部補。組織から裏切られた彼は、自らを取り戻すための捜査する!

キャスト

  • 江波敦史 /寺島進
  • 軽部翔平/ 佐藤寛太
  • 緒方ひかり/山口まゆ
  • 小宮山勇人/眞島秀和
  • 岩淵真一/長谷川朝晴
  • 大曾根喜八郎/伊東四朗

放送日時

テレビ東京2018年10月19日金曜日8時よりスタート(初回2時間SP)

原作小説「駐在刑事」

著:笹本稜平/講談社

電子書籍(kindle) 文庫本(amazon)
電子書籍(ebookJapan) 文庫本(bookfan)
電子書籍(booklive!)

奥多摩を舞台に主人公が駐在さんとして人々とかかわりつつ、事件を解決していくといった作品で、テレビドラマの原作としては良い感じです。
奥多摩の自然の中でなぜか重大な事件がいくつも起こるのは、シリーズもののお約束ですしあまり気にしても仕方がないかと。
トリックの強引さを気にせずに軽く読んでいくのがいいのではないかと思います。

取り調べ中に容疑者が自殺した事件の責任をとらされて奥多摩に左遷されてしまう主人公。なんだか影がる感じが私としては寺島さんにぴったりな気がするんですが、どうでしょう?他のキャラクターを演じる役者さんも結構いい感じですね。
原作の続編もあるので機会があれば読んでみたいですし、ドラマも先が楽しみですね。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク
レンタングル(大)
レンタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)