ともさかりえ/田中麗奈/佐藤江梨子『ぬけまいる』ドラマ原作小説とは

こんにちは!
最近はあまり時代劇が放送されていないのですが、NHKでは味のあるドラマが放送されていますね。
この秋にも新しくNHK土曜時代劇の枠で放送が始まる「 ぬけまいる~女三人伊勢参り」。女性が主人公ということで気になったので、原作を調べてみました。

ドラマ情報

主題歌

「ぬけまいる~女三人伊勢参り」主題歌は竹内まりやさんです。

主題歌が気になった方はこちら>>

あらすじ

一膳飯屋の娘、以乃(いの)。武家の妻、志花(しか)。小間物屋の女主人、蝶(ちょう)。
若い頃は「馬喰町の猪鹿蝶」と呼ばれブイブイ言わせた江戸の三人娘も三十路過ぎ。今ではそれぞれに人に言えない事情と鬱屈を抱えた三人、突如、仕事も家庭も放り出し、抜け詣りに繰り出した。抜け詣りとは、いきなり姿をくらまして伊勢詣りに行ってしまう当世の流行。いざ、女三人の東海道中膝栗毛、てんやわんやの女子旅が始まった。

(NHKドラマより引用)

キャスト

  • お蝶/田中 麗奈
  • お以乃/ともさかりえ
  • お志花/佐藤 江梨子

放送日時

2018年10月27日(土)スタート
総合テレビ 毎週土曜 午後6時5分から6時43分(連続8回)

■ドラマ公式HPはこちら

原作小説「 ぬけまいる」


著:朝井まかて/講談社

文庫(bookfan)電子書籍(ebookJapan)
単行本(amazon) 文庫(amazon) 電子書籍(kindle)
電子書籍(booklive!)

お伊勢参りは江戸時代には大流行で、移動の厳しく制限されている庶民でもこれだけは許されていました。お伊勢参りをする人をもてなすのもご利益があるということで行く先々で施しをうけることができたそう。使用人や家族がお伊勢参りをしたいと言い出したら止めてはいけないとまで言われていたようですね。たとえ無断で出ていっても(抜けまいり)行って戻ってくることができれば出発前のあれこれは不問ということになったりもします。
ですが、当時の旅行といえば歩き、籠などあまり便利ではないわけで、子供が抜け参りに出発して行く先で病気になって亡くなるなどといった痛ましいケースもあったようです。籠も長距離となればかなりしんどい乗り物のようですし。(内臓がこう、上下するので)

28歳で年増と言われる時代に自分さがしの旅にでちゃった女子3人の痛快人情ロードムービー。
気が強くて粋でいなせな猪鹿蝶の三人が、行く先々で人を助けてみたり恋をしてみたり。
気風のいい三人娘が旅先で起こす事件や出会いはいきいきとしていて読後感はさわやかです。
なんだかともさかりえさんのお以乃はすぐに目に浮かぶようで、どんな風にドラマになるかとても楽しみになりました。



最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク
レンタングル(大)
レンタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)